FC2ブログ

二年ぶりのサンフランシスコ

前回、”ただいまカンクン!”はここをクリック。


とうとうメキシコを離れます。
この一週間いろんな出来事がありましたが気づけばあっという間。

カンクン発ーヒューストン経由でサンフランシスコに向います。

二年前にトランジットを利用してフィシャーマンズワーフやアルカトラズ島に行こうと思っていたのですが、予定が狂い敢え無く断念した経験があります。

二年前のサンフランシスコは ⇒ こちら

でも今回、乗り継ぎ時間16時間もあるので余裕です。

しかし、ヒューストンからの出発便が遅れて、サンフランシスコに到着したのは夜中の23時。
バートの終電は23時40分なので、急いで乗車し空港から向かったのはエンバーカディロ駅。


130816 (5)


空港から40分くらいで着きます。
料金は8US$。

エンバーカディロ駅からフィッシャーマンズワーフまで歩いていくことにしました。

駅を降りたら予想通りめちゃくちゃ寒くて凍死しそうでした。
さっきまで暖かいメキシコにいたので尚更寒さがしみます。


130816 (7)


夜のサンフランシスコを一人で歩きながら、ピア39を目指しました。


130816 (10)


目的地に着くとお店は全部閉まっていました。
当然ですね(笑)


130816 (12)


130816 (16)


またまた時間を持て余したので歩いてロンバーストリートへ向いました。
ここはサンフランシスコだけでなく世界的にも有名な坂道です。


130816 (21)


実はここでやりたかったことは、アルカトラズ島を見ながらボーデンのクラムチャウダーを食べたかったんです。

お店が開くのは朝の7時。
夜中にパンを作っていて外までパンのにおいが漂っていました。


130816 (25)


この映像どうですか?
めちゃくちゃおいしそうでしょっ!w


日の出までまだ3時間くらいありますが、日本に居るともだちがLINEでいろいろ話してくれたので、時間をつぶすことが出来ました。

間もなく市場に活気が出てきました。
ここではカニやエビ、牡蠣など新鮮な魚介を食べることができます。


130816 (30)


明け方、アルカトラズ島を見ることが出来ました。


130816 (35)


アルカトラズ島とは、フィッシャーマンズワーフの沖約3キロのところにある島。

1934年から1963年までの29年間、米連邦刑務所として使用されていたこの島は、断崖絶壁でまわりは潮の流れが早く、水温も7度前後と低く脱獄不可能な島といわれていました。

アル・カポネやマシンガン・ケリーなども投獄されていました。

いまは観光名所となりフィッシャーマンズワーフから数社の船が定期的に運航したり、さまざまなツアーもあります。
貴重な野鳥や植物などの生息地でもあり、米連邦局によって保護されています。

この場所には野生のオットセイ??がたくさんいます。


130816 (38)


ボーデンがオープンしました。
店内の天井に設置してあるレールを伝って出来たてのパンが店舗へと運ばれていました。


130816 (48)


で、食べました。


クラムチャウダー!!!


130816 (50)


酸味のあるパンがクラムチャウダーととっても相性がいいんですっ!
時間を見るとすでにぎりぎりですっ!!
大急ぎで空港に戻り、今回の旅が終了しました。


130816 (51)




今回もいい旅ができました。

<今回経費>
飛行機代:19.9万円
宿代:0.6万円
交通費(バス、タク):2.5万円
スキューバダイビング:2.6万円
セスナ機:4.4万円
ご飯代:0.9万円
その他:0.1万円
計31.0万円


おまけ、”おじさん大丈夫?”はここをクリック。


...
プロフィール

 旅人(たびんちゅ)かたやん

Author: 旅人(たびんちゅ)かたやん
断片的にでも世界一周したい!
そう思っているけど、見たいものや感じたものを最優先にルートを考えて世界を転々としています。

毎日書いてるわけじゃないですが、常にメモを取って書けるようにしています。

書き方は、1日区切りのときもあれば、一出来事区切りの時もあります。
長い記事ほど私にとって、中身が濃い一日だったとか、いろんな出来事が多かったんだとか思ってください^^

※短いからって面白くなかったってことじゃないです。夢中になりすぎて一日のメモを取りそこなうこともよくります(^^ゞ

心がけていることは,
旅先では無駄遣いしないこと。
旅先では飛行機を使わないこと。
旅先では国境を越えること。


※登山のことやスキューバ・ダイビングの事など海外旅行以外の事は下記”リンク”に記載しています。
http://katayan2002.blog.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: