FC2ブログ

見どころ満載のジブラルタル

前回、”海峡を越えてっ!”はここをクリック。


朝起きると雨が降っていました。
合羽は着たくないけどやむなし・・・。
今日はスペインにあるイギリス領のジブラルタルへ行きます。


アルヘシラス⇒ジブラルタル


PC280715.jpg


アルヘシラスのバスターミナルは宿から徒歩8分の近さ。
このターミナルで食べた生ハムサンドはオリーブオイルを少し掛けて食べるんやけどめちゃうまです。


PC280717.jpg


PC280721.jpg


PC280722.jpg


腹ごしらえも終えて,ジブラルタルへ。
ジブラルタルにはアルヘシラスからバスで20分の近さ。

国境はジブラルタルのバスターミナルから徒歩5分くらい。


PC280729.jpg


現地では独自の通貨が有り,更にジブラルタルの通貨はイギリス本土では使えないそうです。
※ユーロは流通しているので両替なしで使えるけどおつりは現地通貨で返ってきます。

入国のときにスタンプを押してと言えばパスポートに”ようこそ!ジブラルタルへ!”って押してくれます。


PC280731.jpg


入国してすぐにデイビッド夫妻に「ジブラルタルツアーをシェアしよう!」と,声を掛けられ快諾。


ジブラルタルにある山に登ったら昨日まで居たアフリカ大陸が見えました。


PC280737.jpg


このモニュメントは今の世界と,


131228 イギリス (11)


昔の世界の広さを表しているそうです。
世界はこの丸い円で表している部分しかなくてその先は滝になっていると思っていたそうです。


PC280736.jpg


PC280745.jpg


ジブラルタル海峡のアフリカ側とヨーロッパ側を渡すように大きな門になっていて世界の入口だと思われていたのがこの場所だよ」って,デービッドが教えてくれました。

ん?
カケルからのまた聞きですけどねっ!(´艸`*)

おれ,英語話せませんが何か??


坂道のところどころにあるこの輪っかにロープを通して重たい大砲を引っ張り上げていたそうです。


PC280746.jpg


次は,鍾乳洞。
ヒトラーがいつ攻めてきてもいいようにこの洞窟に10,000人が住める町を作ろうとしたそうです。

この場所には病院をつくるつもりだったそうです。


PC280753.jpg


また山にはサルがたくさん居ます。

ここからの眺めは爽快ですが,風が強くて寒いです・・・。


飛行場を見下ろせる場所にきました。


PC280782.jpg


この場所の近くには岩山の中を削って通路にした場所があり,その通路に大砲を設置していたそうです。
穴が開いているのわかりますか?


PC280802.jpg


PC280785.jpg


ここの飛行場は,普段車などが通行できるのですが1日4便飛行機が発着するときだけ封鎖されます。
ちょうどその発着のタイミングに当たったので見学しました。


PC280791.jpg


そのあと,イギリス側で食事をしてスペイン側へ帰りました。

PC280801.jpg


次回、”まさかのハプニング??”はここをクリック。


...
プロフィール

 旅人(たびんちゅ)かたやん

Author: 旅人(たびんちゅ)かたやん
断片的にでも世界一周したい!
そう思っているけど、見たいものや感じたものを最優先にルートを考えて世界を転々としています。

毎日書いてるわけじゃないですが、常にメモを取って書けるようにしています。

書き方は、1日区切りのときもあれば、一出来事区切りの時もあります。
長い記事ほど私にとって、中身が濃い一日だったとか、いろんな出来事が多かったんだとか思ってください^^

※短いからって面白くなかったってことじゃないです。夢中になりすぎて一日のメモを取りそこなうこともよくります(^^ゞ

心がけていることは,
旅先では無駄遣いしないこと。
旅先では飛行機を使わないこと。
旅先では国境を越えること。


※登山のことやスキューバ・ダイビングの事など海外旅行以外の事は下記”リンク”に記載しています。
http://katayan2002.blog.fc2.com/

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
応援ページ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: